“超”初心者向け不動産投資の話

不動産投資に長く携わっていると、共通言語で話している時間が長いです。なので久しぶりに完全な初心者の方や、興味はあるけど勉強これからですーみたいな人、相続で急に大家さんになっちゃったどうしようなんて人と会うと、新鮮な気持ちになります。今日は相続で急に大家さんになっちゃった人とお会いしたことをきっかけに、超初心者向けに不動産投資を話していこうと思います。

不動産投資の利益はどこから生まれる?

儲けの仕組みについて話していきます。不動産投資の利益は「家賃収入」から生まれます。毎月入ってくる収入だし、下落などがしづらく、良い物件を取得できれば、安定したキャッシュが入ってくるようになります。売却して利益を確定することも可能です。利益についてはここでも詳しくお話しているのでご覧ください。

《参考記事》

不動産投資における「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」について

昨今では地主さんや、相続で受け継いだ方以外でも流行しています。士業やサラリーマンの方、事業経営者など性別業種年齢問わず、様々な方が様々なタイプの不動産に投資をしています。

ぶっちゃけ儲かるか

儲かると思います。ソースは私です。

不動産で純資産9桁、税引き後キャッシュフローで年収8桁を超えていますので、高額給与所得者と同水準のキャッシュを生み出すことができると思います。

失敗するとどうなるか

現金で購入した場合には、購入金額が回収できないで終わるので再起不能に陥ることは少ないと思います。

危険なのは、投資として成り立たない物件を多額の融資を引いて購入してしまうケース。破産などに陥る方も多いです。物件の選球眼を身につけてから投資を行わないと「痛い目を見る」どころではなく、「一発退場」になりかねませんので、注意が必要です。

不動産業者がブラックなイメージがある理由

ここは私の偏見です。

隙あらば不動産業者にカモにされる、と思っていただいた方が良いと思います。優秀な仲介コンサルタントや営業マンも、最後は会社の売り上げの為に仕事をしているわけですから、知識の無いまま言いなりになってしまう人には、買ってはいけない物件を買わせてしまっていることも多いです。

これから始める人はなにから始めれば良いか

不動産業者を何社か回ってみるのも良いでしょう。書籍を読んでも良いでしょう。でも一番重要なのは、目的だと思います。

リスクをとってでも稼ぐだけ稼ぎたいのか、

年金の足しになればいいのか、

給与所得に加えてどの程度収入を増やしたいのか、

これによって、進む道が変わってきます。そしてリスクや注意点も変わってきます。

まずは目標設定して頂いた上で、そこに達する道のりを分析していくべきだと思います。

私に相談して頂いても結構ですよー。